• ホーム
  • スーパーフード「モリンガ」

スーパーフード「モリンガ」

2015年01月27日

みなさんは「スーパーフード」というものをご存知でしょうか?
一般社団法人「日本スーパーフード協会」によると、次のように定義されているようです。

スーパーフードの定義
・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

上記の定義に当てはまるものとしては、最近大人気の「アサイー」や、中国料理によく用いられる「クコの実」、一昔前に流行った「ブロッコリースーパースプラウト」やチョコレートの原料でもおなじみの「カカオ」などが含まれるそうです。

まだ言葉に馴染のない方も多いかもしれませんが、人気モデルのミランダ・カーや歌手のマドンナなど、海外セレブの美容・健康法としてお召し上がりになられているんだそうな。

そもそもスーパーフードの始まりは1980年代頃のアメリカやカナダだそうで、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して「スーパーフード」という言葉が使われはじめたとあります。

昨年など、日本においても百貨店で、スーパーフードをテーマとした物販などを行ったところもあるそうで、結構な人気を集めたらしいですよ。

日本では、あまりモリンガを栽培する農家さんも少なく、新鮮なモリンガ葉を食べられるところは少ないのですが、なんだかみなさんには申し訳ないのですが、先日当店の仕入れている天草モリンガファームの四方田さんの畑で、取れたてのモリンガ葉を頂く機会がございました。

四方田さん

皆さんの中には、青臭いようなイメージを抱かれるかたも多いかもしれませんが、ところがところが、この新鮮なモリンガ葉は臭いもほとんどなく、口に含めば、甘酸っぱくて、サラダに入れれば、立派なグリーンリーフとしてお召し上がり頂けるほどの味わい!びっくりしました!

また、モリンガ葉だけの天ぷらも食べさせて頂いたのですが、これまた生とは違う、さらに甘い味わいが口に広がったのです。不思議な葉っぱですねー。つくづく。

話が逸れてしまいましたが、モリンガはスーパーフードとされる「スピリルナ」や「クロレラ」よりも美味しく、「アサイー」などよりもさらに食べやすい、しかもそれら以上に豊富でバランスの良い栄養素を多く含み、なおかつ捨てるところのない植物なのです!

こんなスーパーフードがインドや東南アジアの、一般的な家庭の庭先に多量に自生しているなんて、なんだか変な感じですね(笑

知らないと損をする食用植物「モリンガ」は、サプリやパウダーといった接しやすい商品として当店でお買い求めいただけますよ!是非お試しを♪

Copyright (C) 2013 モリンガファミリー All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】
法人の方はこちら