• ホーム
  • 乳酸菌をプラスした理由

乳酸菌をプラスした理由

2015年09月28日

この度は新たな商品「モリンガサプリ乳酸菌+(プラス)」を発売させて頂きました!(パチパチ♪)まだご体験されていない方も、お試し商品がありますので実感してみて下さいね。
さてこのモリンガと乳酸菌を組み合わせたのも、より【効率的に】モリンガを取り入れて頂こうとしたが故なのです。食物繊維と乳酸菌の関係はたいへん深く、なぜ乳酸菌を入れる必要性があったのかを「乳酸菌」を中心に、簡単にご説明します。

▼乳酸菌とは
乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。一部の乳酸菌は腸などの消化管(腸内細菌)や膣の内に常在して、他の病原微生物と拮抗することによって腸内環境の恒常性維持に役立っていると考えられている。(wikipediaより)

上記のように「腸内環境の恒常性維持」つまり「腸内環境を整える」働きがあると言われているのですね。特に当店商品では【有胞子性乳酸菌】という種類のものを配合しています。これはどのような種類(株)かと申しますと、通常の乳酸菌は胃酸や胆汁等に弱いのですが、この【有胞子性乳酸菌】は胞子の殻のようなもので菌体が守られ、生きたまま腸に届いて発芽し、活発に繁殖します。また乳酸生成能力も高いと言われている種類です。

乳酸菌画像

モリンガが多量の食物繊維を含んでいることは、前回のコラムにて書かせて頂きました(食物繊維と便秘の関係)が、乳酸菌はこの食物繊維をエサとします。とくに水溶性食物繊維をエサとしてエネルギー源にし増殖します。となれば効率的にモリンガパワーをお届けするには「モリンガサプリ乳酸菌+(プラス)」を開発せざるを得なかったという訳なのです。

Copyright (C) 2013 モリンガファミリー All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】
法人の方はこちら